ベチバー(エッセンシャルオイル)の香りや効果、作用

ベチバー

土の重みのある独特な香りです。大地を彷彿とさせるベチバーは、気持ちを鎮める効果に優れています。その効果はスリランカで「安静の油」と呼ばれるほど。感情の起伏が激しいときや、自分の心の攻撃性に気づいたときに…心を安定してくれますよ。精油自体に粘り気があるのが特徴です。

>>ベチバーの精油(エッセンシャルオイル)を探す

スポンサーリンク
学名:
Vetiveria zizanoides
科名:
イネ科
抽出部位:
抽出方法:
水蒸気蒸留法
主な作用:
鎮静・抗うつ・抗痙攣・抗貧血・皮膚細胞活性・抗菌・抗ウイルス・免疫強化・防虫
香りの種類:
オリエンタル系
ノート:
ベース
香りの度合:
かなり強い
相性の良い精油:
柑橘系イランイラン・グレープフルーツ・ゼラニウム・フランキンセンス・ローズ・ラベンダー・ジャスミン・サンダルウッド
※注意・禁忌※:
・妊娠中の使用は避けてください
・香りが強いのでブレンドの際は注意
心への作用:
興奮状態、イライラ、うつ、PMS、ストレスに
身体への効果:
ストレス性の症状に。貧血、消化不良、月経痛、更年期障害
肌への作用:
ニキビ・炎症

 

ハーブティーなら「デザインウィズティーサロン」
アロマテラピー カテゴリー
アロマテラピーの基本
アロマテラピーを楽しむ
エッセンシャルオイル(精油)を探す
アロマでスキンケア
手作りアロマコスメ
アロマアイテム・グッズを探す
アロマの資格


運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報