キャロットシード(エッセンシャルオイル)の香りや効果、作用

キャロットシード

にんじんの種から抽出された精油です。デトックス効果が高く、糖尿病の予防にもなることで知られています。朝鮮人参をはじめ、強壮目的でも使用されます。
香はかなり強めの精油となっています。

スポンサーリンク
学名:
Daucus carota
科名:
セリ科
抽出部位:
種子
抽出方法:
水蒸気蒸留法
主な作用:
神経強壮・強壮刺激・血圧上昇・肝臓強壮・腎臓強壮・肝細胞再生・皮膚再生・抗貧血・抗菌
香りの種類:
ハーブ系
ノート:
ミドル〜ベース
香りの度合:
強い
相性の良い精油:
柑橘系・ゼラニウム・シダーウッド・ベルガモット・サンダルウッド など
※注意・禁忌※:
・妊娠中の使用は避けましょう
・高血圧の人の使用禁止
心への作用:
無気力・失望感に陥ってしまったとき
身体への効果:

デトックス効果が高い。腎臓・肝臓の強化に。糖尿病の予防・肥満傾向のある人に。

肌への作用:
皮膚再生効果があるのでアンチエイジングに良いとされる。

 

ハーブティーなら「デザインウィズティーサロン」
アロマテラピー カテゴリー
アロマテラピーの基本
アロマテラピーを楽しむ
エッセンシャルオイル(精油)を探す
アロマでスキンケア
手作りアロマコスメ
アロマアイテム・グッズを探す
アロマの資格


運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報