プチグレン(エッセンシャルオイル)の香りや効果、作用


プチグレン

オレンジから取れる3種類の精油のひとつ。天然の精神安定剤といわれるネロリと同じような効果があり、代用として使われることが多い精油です。普段の安定にプチグレン、より重症な時にはネロリを使うと良いですね。この名は、「petit:小さい」と「grain:粒」からこの名が付いたといわれており、もともとは、熟す前のオレンジの小さな実を使って抽出していました。今は枝葉から抽出されています。
スポンサーリンク
学名:
Citrus Aurantium
科名:
ミカン科
抽出部位:
葉・枝
抽出方法:
水蒸気蒸留法
主な作用:
自律神経調整・精神安定・神経強壮・鎮静・抗不安・血圧降下・皮膚細胞活性・抗菌・抗ウイルス・瘢痕形成
香りの種類:
ウッディ(樹木)系柑橘系
ノート:
ミドル
香りの度合:
相性の良い精油:
オレンジ・イランイラン・シダーウッド・サンダルウッド・マンダリン・ネロリ・ゼラニウム・ローズウッド・メリッサ・ベルガモット・ローズマリー など
※注意・禁忌※:
・車の運転前の使用は避けましょう
・低血圧の方は使用を避けてください
心への作用:
心の休息をしたいときに。眠りが浅いときに。中枢神経を抑制し、自律神経の調整を行いゆったりと休めてくれます。ネロリと似た効果がありますが、より重症な時にはネロリを。
身体への効果:
不眠症・不安・うつ・パニックに。ストレス性の胃炎・胃痛、不整脈、高血圧の方に。
肌への作用:
ニキビ、老化、傷跡に。

 

ハーブティーなら「デザインウィズティーサロン」
アロマテラピー カテゴリー
アロマテラピーの基本
アロマテラピーを楽しむ
エッセンシャルオイル(精油)を探す
アロマでスキンケア
手作りアロマコスメ
アロマアイテム・グッズを探す
アロマの資格


運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報