シナモン(エッセンシャルオイル)の香りや効果、作用


シナモン

料理やスイーツによく使うスパイスのひとつですね。シナモンスティック(若い小枝の樹皮)も有名で、昔から医療・薫香・料理に使用されてきました。現在でも薬草として様々な場面で使われているスパイスです。
スポンサーリンク
学名:
Cinnamomum zeylanicum(シナモンリーフ)
科名:
クスノキ科
抽出部位:
抽出方法:
水蒸気蒸留法
主な作用:
免疫効果・抗菌・抗ウイルス・整腸作用・疲労回復・精神安定・
香りの種類:
スパイス系
ノート:
ベース
香りの度合:
強い
相性の良い精油:
フランキンセンス・スパイス系全般
※注意・禁忌※:
・妊娠中の使用は禁止
・ 皮膚刺激があるため、芳香浴での使用以外は注意
心への作用:
疲れて落胆してしまったときに。情熱を取り戻したいときに
身体への効果:
月経痛・月経不順・性的不能
肌への作用:
アンチエイジング・オイリー肌

 

ハーブティーなら「デザインウィズティーサロン」
アロマテラピー カテゴリー
アロマテラピーの基本
アロマテラピーを楽しむ
エッセンシャルオイル(精油)を探す
アロマでスキンケア
手作りアロマコスメ
アロマアイテム・グッズを探す
アロマの資格


運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報