アンジェリカ(エッセンシャルオイル)の香りや効果、作用


アンジェリカ

大天使ミカエルの日、5/8に花を咲かせたと言われ、教会の庭で栽培されていたアンジェリカ。この植物の力を天使が教えてくれたという可愛い言い伝えが。古くから万能薬と呼ばれることの多いこの植物は、今でもその評価は高いんですよ。

>>アンジェリカの精油(エッセンシャルオイル)を探す

スポンサーリンク
学名:
Angelica archangelica(アンゲリカ アルカンゲリカ)
科名:
せり科
抽出部位:
根、根茎(アンジェリカルート)、種子(アンジェリカシード)
抽出方法:
水蒸気蒸留法
主な作用:
鎮静・精神安定・健胃・浄血・抗菌・抗ウイルス・鎮咳・免疫強化・抗アレルギー
香りの種類:
ハーブ系
ノート:
ベース(アンジェリカシードはトップ〜ミドルに分類されます)
香りの度合:
かなり強い
相性の良い精油:
香り・作用ともに強いので、分量を抑えて使用してください
※注意・禁忌※:
妊娠中の使用は禁止。光毒性有り。
心への作用:
とてもヒーリング効果の高い精油です。情緒不安定、心が落ち着かないとき、自分を責めてしまうときなど…疲れた心を癒してくれます。
身体への効果:
生殖器・消化器系の働きを高めます。消化不良・免疫が低下しているときなどに
肌への作用:
抗炎症作用で、肌の炎症を鎮めてくれます。赤みが出ているときにも。


 

ハーブティーなら「デザインウィズティーサロン」
アロマテラピー カテゴリー
アロマテラピーの基本
アロマテラピーを楽しむ
エッセンシャルオイル(精油)を探す
アロマでスキンケア
手作りアロマコスメ
アロマアイテム・グッズを探す
アロマの資格


運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報