ラベンダー(エッセンシャルオイル)の香りや効果、作用


ラベンダー

ラベンダーなしにアロマテラピーを語ることはできません。アロマテラピー発祥のきっかけとなった精油です。レスキューアロマと呼ばれるほどに用途が広く、穏やかに働きかけてくれます。特に、心を慰め、静かな安らぎを与えてくれる深いヒーリング効果には精油の中でも突出した存在です。

お子さまにも安心して使える精油なので、ぐずって眠ってくれないときにいかがですか?

ハーブの女王とも呼ばれるラベンダー。ぜひご活用ください。

参考:ラベンダーの効能、活用法

スポンサーリンク
学名:
Lavendula angustifolia
科名:
シソ科
抽出部位:
花・葉
抽出方法:
水蒸気蒸留法
主な作用:
鎮静・鎮痛・催眠・抗うつ・自律神経調整・血圧降下・抗炎症・癒傷・瘢痕形成・筋肉弛緩・皮膚細胞活性・抗菌・抗ウイルス
香りの種類:
フローラル系
ノート:
トップ〜ミドル
香りの度合:
相性の良い精油:
イランイラン・サンダルウッド・オレンジ・ベルガモット・ネロリ・マージョラムスウィート・ローズマリー・ティーツリー・ジャスミン・パイン・レモン・ゼラニウム
※注意・禁忌※:
・妊娠初期の使用は避けてください
・高濃度で使用すると、反対に覚醒してしまい眠れなくなることがあります
心への作用:
自律神経のバランスを整えます。自律神経失調・興奮・怒り・うつ、パニック、PMS、更年期障害、分娩時、不眠、ストレス、マタニティケア などに
身体への効果:
月経痛・月経不順・PMS・筋肉痛・痛み・打撲・怪我・風邪・気管支炎 など
肌への作用:
火傷の応急手当・傷・虫刺され・かゆみ・皮膚炎・妊娠線 など

 

ハーブティーなら「デザインウィズティーサロン」
アロマテラピー カテゴリー
アロマテラピーの基本
アロマテラピーを楽しむ
エッセンシャルオイル(精油)を探す
アロマでスキンケア
手作りアロマコスメ
アロマアイテム・グッズを探す
アロマの資格


運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報