マートル(エッセンシャルオイル)の香りや効果、作用


マートル

かつてギリシアでは、愛と不死の象徴とされてきた木。また、美しさの象徴とされるマートルは16世紀に流行した化粧水、エンジェルウォーターの主成分でもあるんですよ。今でも結婚式にはマートルの冠をつけているほどなんです。
ユーカリやティーツリーと同じフトモモ科の植物から採れる精油ですが、香りは全く異なり、効果もマイルド。夜に使用される場合にはマートルのほうが向いているといわれます。
スポンサーリンク
学名:
Myrtus communis
科名:
フトモモ科
抽出部位:
葉・枝
抽出方法:
水蒸気蒸留法
主な作用:
鎮静・催眠・鎮咳・去痰・収斂・皮膚細胞活性・抗菌・抗ウイルス・免疫強化
香りの種類:
ウッディ(樹木)系
ノート:
ミドル
香りの度合:
相性の良い精油:
ローズウッド・ベルガモット・ラベンダー・レモン・レモングラス・ティーツリー・タイム・メリッサ・サイプレス など
※注意・禁忌※:
特になし
心への作用:
怒り・イライラ・不安・無気力、嫉妬心など、心の鎮静
身体への効果:
気管支、咽頭、呼吸器などの感染症に、咳や痰がひどいときにも
肌への作用:
肌の収斂効果が高く、アンチエイジング、ニキビ、毛穴などに

 

ハーブティーなら「デザインウィズティーサロン」
アロマテラピー カテゴリー
アロマテラピーの基本
アロマテラピーを楽しむ
エッセンシャルオイル(精油)を探す
アロマでスキンケア
手作りアロマコスメ
アロマアイテム・グッズを探す
アロマの資格


運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報