ローズマリー(エッセンシャルオイル)の香りや効果、作用


ローズマリー

ローズマリーで有名なのが「王妃の水」として逸話の残るハンガリアンウォータではないでしょうか。14世紀、ハンガリーのエリザベート王妃が、献上されたハンガリアンウォーターを化粧水として使って若返り、ポーランドの王子にプロポーズをされた!というお話です。当時王妃は72歳、王子はなんと25歳。それ以来、ローズマリーは「若返り成分」として名を馳せたのです。
学名のRosemarinusとはラテン語で「海のしずく」という意味をもつローズマリー地中海沿岸の海辺に生育することと、淡いブルーの小さな花から海の色を連想するためだといわれています。

スポンサーリンク
学名:
Rosemarinus officinalis
科名:
シソ科
抽出部位:
花・葉
抽出方法:
水蒸気蒸留法
主な作用:
頭脳明晰・集中力強化・記憶力強化・抗炎症・皮膚組織活性・皮膚細胞活性・癒傷・瘢痕形成・抗菌・抗ウイルス
香りの種類:
ハーブ系
ノート:
トップ〜ミドル
香りの度合:
相性の良い精油:
ラベンダー・ユーカリ・ティーツリー・サイプレス・ヒノキ・ローズ・オレンジ・グレープフルーツ・マンダリン・メリッサ・レモングラス・ライム・ゼラニウム など
※注意・禁忌※:
・妊娠中・授乳中・癲癇の方の使用は禁止
・ホメオパシー療法中との併用禁止
心への作用:
頭をクリアに、集中、うつ、集中力・記憶力を高めたいとき など
身体への効果:
寝起きをスッキリさせる、体内の浄化、気管支・肺の初期症状 など
肌への作用:
老化防止・ハリ・たるみ・しみ・しわ・ふけ・脱毛予防

 

ハーブティーなら「デザインウィズティーサロン」
アロマテラピー カテゴリー
アロマテラピーの基本
アロマテラピーを楽しむ
エッセンシャルオイル(精油)を探す
アロマでスキンケア
手作りアロマコスメ
アロマアイテム・グッズを探す
アロマの資格


運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報